ただのオタクだけど転職について本気出して考えてみた

投稿日:

no-img2
h4n

ブラック企業からきたオタクです!

最近自分の周りで転職した・転職したい人が増えてる気がするので、仕事を辞めたくなるタイミングについてわたしが考えていることをしゃべってみます。

給料・人間関係・業務内容のうち2つ欠けると転職を考えるようになる

誰かにそう言われて、当時転職を考えていたわたしは相当ハッとしました。

わたしが前の職場を辞めたいなあと思い始めたときって、仕事内容に完全に飽きてたタイミングだったんですよね。
仕事も完全にルーチンワーク、特に面白いことも起きないし、職場の不平不満を上司に言ってみても全然改善される空気じゃなくて、しかも給料もしたくもない残業をすればするほど損をする仕組みになってるくせに先輩は無理難題を押し付けてきて、でも人間関係はとっても良好だし、、みたいな。

よし、転職しよう!みたいな感じでもなかったんですが、とりあえずなんか動いてみようかなあみたいなそういう軽いノリでした。
ヘタに気負うより、そういうちゃらんぽらんなきっかけとか気持ちでいたほうが、気持ちに余裕もあるしうまくいくことの方が多いんじゃないかなって個人的に思うわけです。

「なんとなく仕事がやだ」の「やだ」と思った理由を掘り下げてみる

・上司にめんどくさい人がいる、接し方や自分の考え方を改めてみても何も変わらない
・業務内容に飽きた、そのことを上に打診してみても一蹴されてしまい改善しない
・なんとなく、漠然とでも「もっとこういうことがしたい」がある

上記3点、どれか一つでもあてはまるなら、「辞めたほうがいいんじゃない?」と思います。

それはなんでかっていうと、
自分の持ってる仕事に対するエネルギーが、その会社だとちゃんと発揮できてないという証拠だからです。

これもわたしの個人的な考え方ですが、仕事って基本的には1日の大半を占領してるじゃないですか。
朝7時に起きて、8時に家を出て、9時に出社して、18時に定時退社したとして、19時に帰宅して、夜中1時に寝たとしても、1日に活動してる18時間のうち11時間も仕事に関することに時間を割いているわけですよ。
その仕事が不完全燃焼な状態で、フラストレーションを溜めたままでいるのって心身ともに健康的じゃない気がするし、言ってしまえば20代〜転職を視野に入れる30代頃っていう人生の華のある時期をそんな状態で過ごすわけじゃないですか。
わたしは自己満足であれど人生をより充実したものにしたいし(もちろん自分個人の人生だからなにもかもが自己満足でしかないんだけど)、その大半をなんかモヤモヤした状態でいるのってマジでもったいないと思っちゃうんですよね。。

だから、上記3点にあてはまるような「やりたいことがあるのにできない」っていう解決しようがない問題を抱えて転職を悩むのって、もう結論出てるんでとっとと転職活動した方がいいって考えです。

なんとなく辞めたい、の掘り下げができたら次は「なんとなくやりたいこと」の掘り下げをする

なんか変な話になってきちゃってますが、結局考え方の問題だと思ってるので、ここからは「ポジティブに転職について考える」方法です。
方法っていうか、これもまた個人的な考えとかやり方なんですけど。。

なんとなく「辞めたい」の理由がわかってきて、その理由の中に「やりたい」が生まれたとしたら
その「やりたい」についてじっくり考えてみます。

とはいっても、「辞めるかどうか」で悩んでしまうときって、「でも給料がいい」「でも◯◯さんにまだ恩がある」「でも新しいことするの怖い」とか、だいぶ保守的な考えがあるときだと思うので、急にこういう考え方の転換って難しいとは思います。
でもここは「楽しい自分個人の人生のため」と思って素直になってもらえたらいいなーと思います。ていうかそういう方向にシフトできないと、多分「なんとなく辞めたい」のまま、知らぬ間に辞められないような状態になっちゃうと思うんで。。役職が上がるとか、責任が増えるとか、プライベートで自分の経済状況に対し挑戦できなくなっちゃうとか。

で、無理やりでやりたいことの掘り下げを、自分の心のまま素直にやっていきます。
わたしの場合だと、わたしは考えたことを頭の中で整理したりまとめるのがクソほど下手くそなので、考えをまとめる用のノートを持ってるのでそれに手書きでリストアップしていきます。
ちなみに使ってるノートはこれ。

最初は、でも、、って抵抗があっても大丈夫です。とにかくリストアップしてるうちにどんどんやりたいことが出てくると思うんで。

どんなことでもいいです。かっこよくなりたい、とか、おもしろいことやりたい、とか、えらくなりたい、何歳で年収いくらになりたい、ここに名前の載せたい、有名になりたい、この業界で輝きたい、とかなんかそういう夢でもいいです。

で、その漠然としたリストができたら、これをざっくりと具体的に紐解いていきます。

その中で、たとえば「給料を上げたい」があったとして、それが今の会社でも叶えられるようなことなのであれば、もう少し仕事を続けてもいいと思います。だってそれが夢というか、自分のやりたいことというか、仕事に求めるもので、それが叶えられるのであればもう少し今の会社でがんばってみてもいいのかもしんない。
そういうのも見えてくると思うので、この作業は喫茶店とか落ち着いた空間で、たっぷり時間取ってやった方がいいと思ってます。というか、わたしはそうしてる。

やりたいことが見えてくると、じゃあ具体的にどういう会社、業界ならそれが達成できそうか?っていうのが見えてくる、もしくは調べられるだけの材料が揃ってくると思うんですね。
そしたら熱量のある今の段階で、夢をいっぱい書きなぐったその勢いのまま、いろんなこと調べてみてください。「この業界楽しそう!」「こういう仕事もあるんだ、今のスキルも使えそうだな」とか、調べてみると色んな可能性がみえてくるし、夢もさらに広がって楽しいですよー。

で、具体的にきになる企業がでてきたらピックアップして、求人が出るまでチェックしつつ今の仕事をこなすでもよし、勢いのある今のままやめて全神経を転職活動に注いでもよし、
そういう勢いを持った時ってたぶんなにもかもうまくいくと思うんで、楽しんで転職活動ができんじゃないかなーと思います。

という20代後半の社会人女子の戯言でした。

最後に転職サイト、基本的なやつ貼っときます。

-オタクの就活・転職

関連記事

関連記事はありませんでした